香川照之のフランス語が完璧すぎ!流暢すぎるミニコントに捧腹絶倒!

香川照之さん、フランス語しゃべれるんだ・・・!!

役者として、茶の間に感動を届ける名役者、香川照之さん。ドラマ半沢直樹で演じた大和田常務の迫真すごる土下座は、今もなお語り継がれるものでしたね。

 

そんな香川照之さんが、なんとフランス語をペラペラにしゃべるとの噂を耳にしました!

この記事の概要
  • 香川照之はフランス語がペラペラ
  • 他にも話せる!?

ということで、名役者の香川照之さんのペラペラすぎる、流暢なフランス語についてご覧ください。

香川照之が流暢すぎるフランス語のミニコントを披露!

さっそく、このツイートの動画をご覧ください。0:58からフランス語が始まります!

 

見ればわかりますが、もうめちゃくちゃすごいです。

 

そして私はフランス語がどんなものなのかがわからないので、もうこの香川照之さんのフランス語がベースになっています!

確かにすごかったなぁ!!

このフランス語を見た世間の人たちも「すごい!」といった声が多数出ているんです。

ねっ!すごいでしょ!!

 

しかも、普通の会話するだけでもすごいのに、フランス語でコントをしてしまうのがさらにすごい!

 

演技しながらフランス語を話さないといけませんからね。いちいち「え・・・っと、このあとは〇〇を話すから、その単語は△△で、、、」なんてチンタラしていられないんです!

確かに、そんなヒマないもんね!

英語なら、日本は最初に習う外国語としてなじみはありますが、ここまでペラペラに話せる人はそうそういません。英語ですら、ですよ!?

 

それがフランス語ときたもんですからね!そりゃあ驚くな!というほうがムリです。

しかも英語までペラペラだったよね!

そう!香川照之さん、さっきの動画を見ればわかりますが、英語もペラッペラに、超絶流暢にコントしてましたよね!!「いや、完璧か?この人は」そう思った私でした。

香川照之がフランス語で唄う!

コントの次は歌です!香川照之さんはフランス語で歌も歌えます!動画ではフランス国家を熱唱していますね!

横の外国の人より声出てたよね。

これ、フランス国家を覚えれば、まあできそうな気がしますが、その前にフランス語のコントを披露されていますからね。

これはもう、疑う余地はないでしょう!

確かにそうだよなぁ~

では、香川照之さんがなぜここまでフランス語がペラペラなのかというと、出身校が関係してきます

香川照之は小さいときからフランス語を使っていた!?

香川照之さんの出身校は、都内にある暁星学園(ぎょうせいがくえん)という男子校です。暁星学園はフランス系カトリックの学校で、元々パリにある修道院の5人の宣教師開校したそうですね。

 

進学校としても有名ですので、名門大学へ進学し、医学部への進学率も高く、官僚や政治家、実業家など多くの著名人がいます。

 

ちなみに、香川照之さんは当時からとても成績優勝で、クラスではトップクラスだったそうですね!

それはすごいなぁ~~!!

さすが、東大を主席卒業しただけのことはありますね!

 

そして、この暁星学園はフランス語教育にとても力を入れており、専門的にフランス語を学べる学校としても有名です。なのでフランス国家も歌ったりするそうです。

 

あと、なんで暁星学園がフランス語に力を入れているのかというと、ヨーロッパの上流社会や外交官はフランス語が公用語となっているからだそうです。

あっ!そうなんだぁ~!

と、こんな背景があり、香川照之さんはフランス語をあそこまで流暢に話せるのです!

香川照之が世界を制する!?

そりゃあ、あの演技力ならいけるでしょ!
もっと具体的に説明できるよ!

私は香川照之さんなら、世界でも活躍できる、世界を制することも!?と思いました。

 

それは英語とフランス語の両方を話せるからです。

 

もちろん演技力が素晴らしいからそれを使って世界でも通用する!という意見もあるでしょうが、演技に固執する必要はないんです。

どういう意味???

まず「英語が話せる」というだけで、日本から海外にマーケットを移せます。つまり日本以外も自由に選べるのです。英語を使う国はたくさんありますからね。

 

ただ、英語を使う国がたくさんある、ということは、それだけ英語を話す人もたくさんいることになりますね。

 

アメリカに行って「オレ英語話せるぜ!!」と言っても、さすがに???となるでしょう。「だから何?」と言われるのがオチです。

あ~、日本語話せる外国人も結構いるもんね

じゃあ、フランス語も話せると・・・?

 

こうなると、結構レアケースですよね。

 

英語は通じないけどフランス語なら通じるところに行ける。つまり、英語だけできる人が香川照之さんについていけなくなるわけです。

そんなことあるのか!?

例えば、アフリカがそうでしょう。世界に残された最後の未開拓市場

 

アフリカはフランスの植民地だったところが結構あるので、フランス語が公用語の国がたくさんあります

 

もし、香川照之さんが本気出して、あのフランス語力で、あのユーモラスな演技力でアフリカに乗り込んでいったら・・・

 

アメリカヨーロッパアフリカこれらは香川照之の手中に収まってしまうのです。

ちょっとオーバーじゃないかな?

確かに、オーバーな表現はしましたが、英語とフランス語ができるということは、それだけ自由な選択ができる、ということなのです。

 

あながち香川照之さんが世界を制するというのもオーバーではないかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか。香川照之さんのフランス語について書いてみました。

MEMO
  • 香川照之は英語とフランス語が超ペラペラ
  • フランス国家まで唄える
  • 小学校から高校まで暁星高校でフランス語を勉強していた
  • 香川照之は世界を制する実力がある!

と、こんな感じです。

 

日本語、英語、フランス語といくつもの言語を操る香川照之さんが、役者の道のみならず世界に羽ばたくときがくるかもしれませんね。

 

そのときはまた情報を追加していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)